不動産評価・不動産売却

不動産の売却を考えたら、売ろうとしている不動産の評価を確認しましょう。

相続した不動産を売る際に、注意しなければならない点は多くあります。

不動産の売却自体も日常的にすることではないので、「一般仲介」と「不動産業者の買取」の違いが分からないという方も多いのが実情です。なかには不動産業者が出した見積り額を「自分がもらえる金額」と思われている方もいるでしょう。また、相続により取得した不動産の売買をした際には、譲渡所得税の申告が必要となるケースが多いです。

不動産を売却することで、自分たちの手元にはどのくらい入ってくるのかをしっかり確認しながら話を進めていきましょう。不動産を売却すれば、すぐに現金が手元に入るわけではなく、最短でも1ヶ月~2ヶ月かかるといわれています。もちろん、売りに出したところで人気がない場合は、もっと時間がかかります。

不動産の売却について説明しておりましたが、相続した不動産を売却するには、遺産分割をし、相続する不動産の名義を相続人に変更させる「相続登記」という手続きが必要です。

この相続登記にはいつまでにしなくてはならない、といった期限がありません。期限はありませんが面倒だから、忙しいから…といって名義を変更せずに放置していても、デメリットやリスクが増えるばかりで何一つメリットはありません。相続不動産の売却についてご不安がある方は、私どものような相続に強い司法書士にご相談ください。

 

 

不動産評価・不動産売却 関連項目

遺産相続に関するご相談は、千葉相続遺言相談プラザ(成田・四街道)へ!

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す