相談事例

成田の方より相続についてのご相談

2019年10月02日

Q:父が亡くなり、姉と遺産を相続しましたが、その後父に借金があることが分かりました。これからでも相続放棄できますか(成田)

成田在住の主婦です。姉も成田に住んでおります。5年程前に母が亡くなっており、母亡き後、成田市内に所有する古い実家で父は一人暮らしをしておりました。父と私と姉は同じ成田市に住んではおりますが、別々に暮らしておりました。先日、父が亡くなったとの連絡を受け、葬儀も無事執り行い、その後しばらくして父が暮らしていた自宅を売却しました。自宅は老朽化が激しかったこともあり、また、姉と問題なく分けるには不動産より現金化した方が良いだろうと思ったからです。その後売却代金は私と姉が平等に受け取っております。
ところが、最近になって父が生前多額の借金をしていたことが分かりました。聞いたこともない金融機関から突然連絡があり、私と姉に父の借金を返済して欲しいと言ってきたのです。
私も姉も借金については初耳で、またその借金は私ども二人であってもすぐに返済できるような額ではないのです。姉と相談しまして、これからでも相続放棄をしたいのですが、父が亡くなってからまだ3ヶ月が過ぎておりませんのでまだ可能でしょうか?(成田)

 

A:相続放棄ができる期間は原則3か月以内ですが、相続した後は、相続放棄することは出来ないと考えられます。

ご相談者様は、借金などのマイナスの財産も含めて相続財産をすべて継承する「単純承認」したこととみなされるでしょう。ご相談者様は、お父様が亡くなられ、お姉様と遺産相続をした後に亡きお父様に借金があることを知ったとは言え、相続人が、自己のために相続の開始があったことを知りながら、相続財産の売却のような相続財産の全部又は一部の処分をした場合は、単純承認をしたことになるのです。なお単純承認については具体的な方式が不要であるため、自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内に「限定承認」又は「相続の放棄」をしなかったときにも、単純承認したとみなされます。
単純承認とみなされると、基本的に相続の放棄はできなくなるため、ご相談者様のケースのように、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内であっても、相続放棄をすることができなくなってしまうのです。
したがって、ご相談者様の場合、これから相続放棄をすることはできないと考えられます。

今回のケースのように、相続人の方々が知らされていない借金を被相続人の方が抱えているような場合もあります。もしご自身が相続人となった場合は、専門家に相談して遺産の全てを確認し、相続放棄をするかどうかを慎重に判断することをお勧めします。
千葉相続遺言相談プラザでは、お客様のお悩み事を解決すべく、専門家が無料相談にてご相談を承っております。成田エリアにお住まいの皆様、遺言書の作成はもちろん、不動産登記や相続対策についてもサポートさせていただいております。

成田の方より遺言書についてのご相談

2019年09月11日

Q:家業を継ぐ長男に遺産をすべて相続させたいのですが遺言書は必要ですか?(成田)

私は成田周辺で個人事業主として飲食店を営んでいます。私には3人の息子がおり、私の相続人はこの子どもたちだけになります。実は、長男が今東京の飲食店で修行をしており、その修行が終わったら私の店で私と一緒に働き、将来的には私の飲食店事業を継ぎたいと言ってくれています。
そこで、私が成田に所有する飲食事業の店舗とその敷地や自宅などは長男に相続させたいと考えています。しかし、私には、店舗用と自宅用の不動産の他には預貯金も含めて財産はほとんどありません。したがって、私の相続で子供たち3人が平等に私の財産を分け合うことになれば、長男が私の飲食業を引き継ぎ、続けていくことができなくなってしまうと思います。
そこで、常々、次男と三男には、「お兄ちゃんが家業を継ぐのだから、店も自宅も全部相続してもらうことにするよ」と話をしてきており、2人もそのことを了承していると思っています。したがって、私の相続については子供たちの間で相続トラブルなどは起こらないとは思いますが、遺言書を作成しておくことは必要でしょうか?(成田)

 

A:相続人の方々の間で相続トラブルが起こる可能性は低いと思われても、遺言書を作成しておいたほうがよいでしょう。

ご相談者様が案じられているように、実は、相続がきっかけで、従来は仲が良かったお子様達が激しく衝突してしまうことがあるのも現実です。相続を境に家族や親族同士の関係が悪化するケースは少なくありませんので、あらかじめご自身亡き後に相続トラブルが起こらないように何らかの対策しておくことをおすすめします。
遺言書を作成することで、すべての相続トラブルの元を消しておくことはできませんが、確実に相続トラブルの元を減らすことはできます。

今回のご相談は、成田にある飲食店舗と自宅の不動産が遺産のほとんどで、そのすべてをご長男に相続させたいとのことですので、「すべての財産を、長男に相続させる」と記載した遺言書を作成しておくことをおすすめします。
ただし、ご相談者様のお子様である次男と三男の2人のご子息には民法上、相続財産の一定の割合である「遺留分」を受け取る権利が認められています。したがって、全遺産を長男お一人だけが相続すると、他の2人のご子息の遺留分を侵害することになってしまいます。しかし、これについては、2人の弟さんから長男の方に遺留分侵害額の金銭での支払いを請求することで解決できます。支払い請求を受けたご長男が、すぐに金銭を準備することができない場合には、裁判所に対して、支払期限の猶予を求めることも認められています。

遺言書は民法の定めに従って作成しない場合、無効になってしまうこともありますので、専門知識がない方だけで遺言書を作成すると不安になってしまうことが一般的です。したがって、ご家族の皆様が安心して相続手続きを進められるためにも遺言書を作成する際は相続の専門家へ相談することをおすすめします。
千葉相続遺言相談プラザでは、相続の専門家として成田周辺の多くの皆様の遺言書作成のアドバイスや相続手続きのお手伝いをさせていただいています。成田近隣にお住まいの皆様はお気軽にお問合せください。初回の無料相談から丁寧にご対応をさせていただきます。

四街道の方より相続放棄についてのご相談

2019年08月05日

Q:使用する予定のない土地のみ相続放棄することは出来ますか?(四街道)

二ヶ月ほど前に亡くなった父の相続について、家族で話し合いをしていますが、話し合いがうまく進まずにいます。その理由として、父が暮らしていた実家が四街道から遠く離れた場所にあり、その実家を引き継ぐことが現実的では無いため、どのように相続手続きを進めればいいのか分からずにいます。母は既に亡くなっていますので、相続人は私と弟の2人になりますが、私も弟も実家から離れ四街道で生活をしています。実家には思い出も愛着もありますが、住む予定もない土地を相続するわけにもいかず、売却するにも場所的に難しいと思います。相続放棄も選択肢に入れていますが、実家以外の財産については相続をしたいと思っています。使用する予定の無い実家だけを相続放棄するという事は出来ませんか?(四街道)

A:財産の一部のみ相続放棄をするという事は出来ません。

相続放棄をするという事は、相続人である権利を放棄するという事になり全ての相続財産を放棄するという事になります。一部分の財産のみ相続放棄をし、他の財産は相続するという事は出来ません。

上記のことをふまえて、相続放棄をするという事を検討する場合にはメリット、デメリットをしっかりと確認し相続放棄を選択をすることが大切です。不要な不動産を相続した場合にかかる固定資産税の支払い等のデメリットと、相続したい預貯金などの財産のメリットを比較したうえで、不動産を取得した場合の方が負担が大きいとなれば相続放棄をするという判断になるでしょう。

ただし、注意点として相続放棄をして不動産を手放したとしても、新しい管理者が決定するまでの間の管理義務は継続して残ります。この管理義務は、相続財産管理人を家庭裁判所で選任してもらう事で免れる事ができますが、費用も手間もかかります。こういった理由により不動産を相続放棄により手放すのはとても難しい事と言えるでしょう。

今回のご相談者さまのケースのように不動産の相続放棄についてお困りでいらっしゃる方は、千葉相続遺言相談プラザの無料相談をご利用下さい。ご相談者様のご状況をお伺いさせて頂きまして、どのような対策が可能であるかをアドバイスさせて頂きます。

千葉相続遺言相談プラザは、四街道の方の相続に関するご相談に対応をさせて頂いております。四街道にお住まいの方からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

成田の方から相続についてのご相談

2019年07月04日

Q:相続で財産を友人に残したいと考えています(成田)

私は今年75歳になりますが、独身で子供もおりません。成田に住んで30年になりますが、ご近所さんとの交流が盛んで、親しい友人も何人かできました。何か困った時にはその友人たちが支えになってくれました。

最近は終活について考えており、ご相談させていただきました。私の両親は既に他界しており、私も実家のある京都から成田に出てきてからは唯一の家族となる弟とは長い間連絡を取っておりません。私が亡くなった際の相続で、私の財産は弟が相続することになると思いますが、私は弟ではなく私を支えてくれていた友人に財産を残したいと考えております。このような場合にはどのような準備をしておけばよいのでしょうか?(成田)

 

A:公正証書遺言を作成し、どのような相続にするか示しましょう

この度は千葉相続遺言相談プラザにご相談いただきありがとうございます。

ご相談者様は法定相続人(民法によって定められた相続人)である弟さんではなく、お世話になった友人に相続してもらいたいとお考えとのことでした。このような場合には、公正証書遺言を作成するのが良いでしょう。
公正証書遺言とは遺言書の種類の一種で、公証役場で公証人が遺言を残す本人(遺言者)と共に遺言の内容を確認して作成すます。作成した遺言書の原本は公証役場に保管されます。したがって遺言書の改変や紛失のリスクを免れることが可能です。確実に遺言を残したい場合に有効な遺言書の種類です。

また、法定相続人以外に財産を残すという内容の遺言書を作成する場合には「遺留分」に配慮が必要です。全財産を法定相続人以外に遺贈するという遺言を作った場合、一部の法定相続人にとっては、「最低限相続できる財産であるはずの『遺留分』を侵害されていることになってしまいます。そのような場合にはその侵害された財産分を受遺者に対して請求することができるのです。これは法定相続人が相続財産を全くもらえず、生活が困難になってしまうようなことを防ぐためになります。ただし、遺留分を請求できる人は亡くなった人の配偶者、子(代襲相続人含む)、直系尊属なので兄弟姉妹には遺留分はありません。今回のご相談者様のケースではご友人に遺留分が請求されることはありませんので、ご相談者様がご友人に財産を遺贈する旨を遺言書に残すことで希望を叶えることが可能となるでしょう。なお、後々必要な相続手続きのためにも遺言執行者も遺言書で指定しておくことをご検討ください。

千葉相続遺言相談プラザでは、相続のお手続きに実績のある専門家がご相談に対応しております。成田近郊にお住まいの方はお気軽にお問合せください。

富里の方から相続についてのご相談

2019年06月17日

Q:相続手続きの期限について教えてください。(富里)

先日富里の実家に住んでいた母が亡くなりました。父は私が幼いころに亡くなっており、私たち兄弟が実家を出てから母は実家に一人で住んでいました。私たち兄弟は2人とも富里から出て、兄である私は東京、弟は仙台に住み、それぞれに家庭を持っております。

母が亡くなり相続の手続きが必要なのはわかっておりますが、兄弟ともども仕事が忙しく離れて暮らしているため、お互いに会って話し合うこともなかなか難しい状態です。

富里にある実家はもう住む予定がないため、処分を検討しています。その他の遺産には母が父から相続した不動産がいくつかあるようですが全体像は把握できていません。

兄弟で揉めるようなことはないとは思いますが、お互いに時間がとれないため、手続きを進めるにあたり時間がかかってしまう事も考えられます。相続手続きにはどのくらいの期限が設けられているのでしょうか?また、場合によっては専門家へ依頼も検討しております。(富里)

A:相続手続きには期限のある手続きも含まれます。

相続手続きとして、まず初めの手続きとして死亡届を役所へ提出します。死亡届は、亡くなった日から7日以内に役所へ提出します。

その他期限のある手続きとして、以下のようなものがありますので、参考にしてください。

  • 相続放棄・限定承認
    (自己のために相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内)
  • 所得税(消費税)準確定申告
    (相続の開始があったことを知った日の翌日から4ヵ月以内)
  • 相続税の申告・納付
    (相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヵ月以内)

これらの相続手続きを進めるにあたり相続人の調査・確定、遺産の調査を行う必要があります。お母様の遺産として自宅のほかにいくつかの不動産があるとのことでしたので、特に注意が必要となるのは相続税の申告・納付でしょう。相続税の申告と納付は、期限を過ぎてしまうとペナルティが課せられてしまいますので、早めに専門家へご相談されることをおすすめします。

ご実家の処分や遺産となる不動産の相続手続きなどには期限はありませんが、専門家に依頼することが可能ですので、ご兄弟でお時間をとるのが難しいというのであれば依頼するのも一つの方法ではないでしょうか。

私ども千葉相続遺言相談プラザでは協力先の専門家と連携してワンストップで相続手続きに対応しております。また、不動産相続については地元富里のご相談を数多くいただいておりますので、安心してご依頼いただけます。相続手続きにお困りの際は是非初回の無料相談をご利用ください。

1 / 1412345...10...

遺産相続に関するご相談は、千葉相続遺言相談プラザ(成田・四街道)へ!

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す