相談事例

富里の方より相続についてのご相談

2020年07月09日

Q:相続人が少なく、すぐに配分方法が決まりました。遺産分割協議書は必要ですか?(富里)

富里で生活をしている50代の独身女性です。父はかなり前に他界しています。先日80代の母が亡くなり、急なことでしたが残された私と妹で母の住み慣れた富里の実家近くで葬儀を行おうと、富里市内の斎場を慌てて予約し、なんとか葬儀を行いました。今は遺品整理を終えたところです。母にはこれといった財産はなく、古い自宅と少しの預貯金でしたので特に遺言書を残してはいません。相続人は私と妹の2人のみで、揉めるような財産がなかったこともあり、遺産分割協議というほどのことをするまでもなく話し合いを終えました。妹とは仲も良く、今後も相続の件で揉めることはないと思いますが、このような場合でも遺産分割協議書を作成しなければいけませんか?(富里)

 

A:相続において、遺産分割協議後も様々な場面で遺産分割協議書は必要になります。

まず、遺産分割協議書とは、相続人全員が遺産分割について話し合いを行い、合意した内容を書面にしたものをいいます。遺産分割協議書は名義変更等の手続きの際に必要となるだけでなく、相続人間で揉めた際や、内容を確認したい時に必要となりますので、作成しておいた方が良いでしょう。

ただし、遺言書が残されていた場合は遺産分割協議書を作る必要はありません。遺言書が存在する場合、遺産分割協議は行わず、遺言書の内容に沿って相続手続きを進めるからです。ご相談者様のお母様は、遺言書を残していらっしゃらなかったようですので、今後の手続きを考えますと、遺産分割協議書を作成した方がよろしいかと思われます。

 

【遺言書がない場合の遺産分割協議書が必要になるケース】

  • 不動産の相続登記
  • 相続税の申告
  • 金融機関の預金口座が多い場合(遺産分割協議書がないと、全ての金融機関の所定用紙に相続人全員の署名押印が必要)
  • 相続人間のトラブルが予想される場合

遺産分割協議書の作成はご自身でも可能ですが、時間の無い方や、相続する不動産が複数ある方などは、専門家へ依頼する事で間違うことなく手続きを進める事が出来ます。

相続は誰もが慣れているという分野ではありません。相続人の調査、財産の調査等、相続には面倒や負担も多く、思いのほか時間がかかることも少なくありません。ご自身での手続きにご不安のある方は、相続の専門家に依頼しましょう。

 

富里にお住まいの皆様、遺産相続において遺産分割協議書は様々な場面において必要となりますので、遺産分割協議を行った際には遺産分割協議書を作成するようにしましょう。千葉相続遺言相談プラザでは、富里の皆様の遺産相続のご相談を多く承っております。富里の皆さまのお役に立てるよう、富里の皆様の親身になって対応させていただきます。遺産相続に関するお困り事をお持ちの方は、初回のご相談は無料ですので、千葉相続遺言相談プラザまでお気軽にお問い合せください。

成田の方より不動産相続についてのご相談

2020年06月09日

Q:不動産相続手続きを進めたいのですが相続する不動産が遠方にあります(成田)

先月父が亡くなり相続の手続を進めております。私が不動産を相続することになったのでそのことについて教えてください。
父は成田にある実家の他に北海道にも複数不動産を所有しておりました。私は長男で、下に弟と妹が一人ずつおり、3人兄弟です。母は私たちが幼い時に亡くなってしまったため、今回は私たち3人兄弟で父の残した遺産を相続することになります。兄弟で話し合ったところ成田の実家をはじめとする不動産に関しては長男である私が相続をすることになりました。
不動産相続の手続きは各地域の法務局で行う必要があると聞きましたが、遠方の土地の不動産相続手続きも成田の法務局でお願いできないのでしょうか。(成田)

A:不動産相続手続きは、実際に行かなくても手続きする方法がございます。

この度はご相談をいただきありがとうございます。ご相談者様のおっしゃるとおり、不動産相続の手続きはその不動産の所在地を管轄する各法務局(支局・出張所)で相続登記申請をする必要があります。不動産が複数あれば、不動産の所在地ごとに法務局を確認して手続きを行わなければなりません。不動産の管轄は法務省のホームページに掲載されていますので、まずは成田と北海道にある不動産の所在地の市町村ごとに法務局を確認していきましょう。
不動産相続手続きの申請方法として、①窓口申請、②オンライン申請、③郵送申請、がございます。
①窓口申請:実際に法務局へ出向いて窓口で申請する方法です。この方法は平日に各法務局へ行かなければなりません。
②オンライン申請:パソコンを使用しオンライン上で申請をする方法です。日本全国の法務局がオンライン申請に対応していますので、どんなに遠方な不動産であっても費用や所要時間の差はほぼありません。御利用のパソコンに「申請用総合ソフト」をインストールして,登記申請書を作成し,その情報を管轄の登記所に送信します。
③郵送申請:申請書を作成し、郵送で送付する方法です。不動産が遠方の場合には旅費の代わりに郵送代のみで済みますので、経費も時間も節約することができます。デメリットとしては、申請内容にミスがあった場合、窓口受理の段階で指摘されるミスに対応することができないので時間と労力が倍以上かかってしまう可能性があるということです。
不動産の登記申請は申請書の書き方など厳密なルール多くあります。1つでもミスがあると申請者自身で修正をしなければなりませんので、各法務局とのやりとりが何度も必要になったり、申請自体をやり直さなければいけなかったりと、負担が大きくなってしまうかもしれません。送付先に到着ミスがあってはいけませんので必ず簡易書留以上の方法により送付をすることされこること、返送も郵送で受領されることになるかと返信用封筒を同封しておくと良いでしょう。

相続のお手続きでは不慣れな手続きでお困りの方もいらっしゃいます。ご自分で進めるのがご心配な場合や面倒な方は専門家に相談をするのも選択肢の一つとしてご検討いただければと思います。

千葉相続遺言相談プラザは不動産相続手続きのオンライン申請に対応している事務所です。成田近郊にお住まいでお困りの方は、お気軽にご相談ください。
 

四街道の方より相続放棄についてのご相談

2020年05月01日

Q:母が亡くなり、遺産を相続しました。その後借金があることが分かったのですが、相続放棄は可能でしょうか。(四街道)

四街道に住んでおります。母が亡くなり、2か月が過ぎようとしています。数年前に父も亡くなっており、母は四街道市で父と住んでいた自宅で一人暮らしをしておりました。母の死後、母が暮らしていた四街道にある自宅は、誰も住む予定がなく管理の問題もあるため、売却し、売却金を受け取りました。ところがその後、母に多額の借金があることがわかり、母の借金を返済するように言われました。確認したところ、その借金はすぐに返済できるような額ではないことがわかったのですが、今からでも相続放棄することはできますでしょうか?(四街道)

 

A: 相続放棄可能な期間は原則3か月以内と定められておりますが、相続後は相続放棄することは出来ないとされています。

ご相談者様は、この場合、「単純承認」というマイナスの財産(借金など)も含めて相続財産のすべてを継承する相続をしたとみなされてしまうでしょう。お母様が亡くなられ、遺産相続をした後に亡きお母様に借金があることを知ったとしても、相続人が、相続財産の売却のような相続財産の全部、又は一部の処分をした場合は、単純承認をしたことになります。また、単純承認は何もしなくても、期間の経過により単純承認したことになるため、相続の開始があったことを知った時から3か月以内に「限定承認」又は「相続の放棄」をしなかった場合、単純承認が成立してしまいます。そして、それ以降は限定承認や相続放棄ができないことになります。そのため、ご相談者様のケースのように、単純承認に当たる場合は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内であっても、相続放棄することはできなくなってしまいます。

今回のケースのように、被相続人が相続人の方々が知らないところで借金を抱えているようなケースもあります。ご自身が相続人となった場合は、専門家に相談して遺産のすべてをしっかり確認してから、相続放棄をするか否かの結論を出すことをおすすめいたします。

 

千葉相続遺言相談プラザでは、お客様のお悩みを解決すべく、専門家が無料相談にてご相談を承っております。四街道周辺にお住まいの皆様、遺言書の作成はもちろん、不動産登記や相続対策についてもサポートさせていただいております。まずはお気軽にご相談ください。

富里の方から相続についてのご相談

2020年04月10日

Q:父の法定相続分の割合はどのようになるのでしょうか。(富里)

一週間前に富里に暮らしていた父が亡くなりました。母も数年前に亡くなっているため、一人息子の私が相続手続きをしています。手続きを進めていく中で、法定相続分の割合が分からず困っております。父には離婚歴があり、私とは母親が違うのですが、子供がおります。相続人にあたりそうなのは、その方と私のみになると思います。このような場合、法定相続分の割合はどのようになりますか。(富里)

 

A:法定相続人の相続順位により、法定相続分の割合が分かります。

法定相続人の相続順位によって法定相続分は確認できます。誰が相続人となるかは、民法に定められていて、この定めに従って相続人となる人のことを法定相続人といいます。法定相続人は、配偶者と血族相続人に分けられますが、配偶者は相続順位の枠外の存在であり、被相続人が亡くなった時に配偶者が存在していれば必ず相続人となることができます。相続順位は下記の通りです。

配偶者:常に相続人

第一順位:子供や孫(直系卑属)

第二順位:父母(直系尊属)

第三順位:兄弟姉妹(傍系血族)

上記の順位で、上位の人が存命している場合、順位が下位である人は法定相続人ではありません。上位の方がいない場合や既に亡くなられている場合には、次の順位の人が法定相続人になります。

 

民法第900条(※民法より抜粋)

 同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、次の各号の定めるところによる。

一  子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各二分の一とする。

二  配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は、三分の二とし、直系尊属の相続分は、三分の一とする。

三  配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は、四分の三とし、兄弟姉妹の相続分は、四分の一とする。

四  子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。

法定相続分の割合は上記となります。ご相談者様の場合は、異母兄弟がいらっしゃるとのことですので、その方にも相続が発生します。異母兄弟や異父兄弟は家族ではありませんが、被相続人と血が繋がっている以上は相続権があります。

なお、お父様の前の奥様は、血が繋がっておらず、家族関係もないため相続権を持ちません。今回のケースでは、お二人ともお父様の実子であるため、ご相談者様も異母兄弟の方も法定相続分は二分の一となります。

 

富里にお住まいの方で、相続にお困りの方は千葉相続遺言相談プラザまでご相談下さい。相続人の調査など、相続について幅広くお手伝いをさせて頂きます。富里在住の皆様、まずは無料相談をご活用ください。

四街道の方より遺言書についてのご相談

2020年03月02日

Q:入院している主人が遺言書を作成したいと言っています。(四街道)

四街道に住んでいる70代の主婦です。同じく70代の主人は現在四街道市にある病院に入院し闘病生活を送っています。意識などはしっかりしているとはいえ、主人の病状は芳しくなく、主治医からは覚悟をするように言われております。そこでご相談があるのですが、最近主人が遺言書の話をしてくるようになりました。主人は会社を経営していたこともあり、主人の亡き後のことが心配なようです。私と二人の子どもが相続人になりますが、主人は相続の際に私たちが揉めるのではないかと心配しています。しかし遺言書を作成しようにも、主人は入院しておりますので専門家に会うために外出することが出来ません。病床にいる主人に遺言書を書かせることは可能でしょうか?(四街道)

 

ご主人様の容体が安定しているようであれば、遺言書を作成することは可能です。

まず、ご相談者様のお話から、ご主人様は自筆証書による遺言書(自筆証書遺言)を作成することが可能かと思われます。たとえご相談者様のご主人様が病床にあったとしても、意識がはっきりされていて、ご自身で遺言の内容と遺言書の作成日、署名等を自書し押印できるご状況でしたら、すぐにでもお作り頂けます。また、自筆証書遺言に添付する財産目録は、ご主人様が自書する必要はありません。ご相談者様またはご家族の方がパソコン等で表などを作成し、ご主人様の預金通帳のコピーを添付することで可能となります。

また、現在のご主人様のご容態では遺言書の全文を自書することが難しそうであれば、“公正証書遺言”という、病床まで公証人が出向き作成のお手伝いをする方法もあります。

公正証書遺言メリットとして、

⑴ 作成した原本が公証役場に保管され、遺言書紛失の可能性がない。

⑵ 自筆証書遺言の際に必要な家庭裁判所による遺言書の検認手続きが不要。

以上が挙げられます。

※2020年7月10日に施行される「法務局における遺言書の保管等に関する法律」により、自筆証書遺言の保管を法務局に申請することが可能となり、保管された遺言書に関しては相続開始時に家庭裁判所による検認が不要となります。

ただし、公正証書遺言の作成には二人以上の証人と公証人が立ち会う必要があり、ご主人様の病床に来てもらうための日程調整に時間がかかる可能性があります。ご主人様にもしものことがあると遺言書自体作成ができなくなる可能性もありますので、作成を急ぐ場合には早急に専門家に相談し、証人の依頼をすることをお勧めします。

四街道にお住まいの皆様、遺産相続において遺言書の存在は大変重要になりますので、遺産分割協議を行う前に遺言書の存在の有無を確認しておきましょう。遺言書があった場合には相続人同士、円満かつ迅速に手続きを進めるため、また亡くなられた方の意思を尊重するためにも、ぜひ私ども千葉相続遺言相談プラザの専門家にご相談ください。千葉相続遺言相談プラザでは、四街道の皆様の遺産相続のご相談を多く承っております。四街道の皆さまのお役に立てるよう、四街道の皆様の親身になって対応させていただきます。遺産相続に関するお困り事をお持ちの方は、初回のご相談は無料ですので、千葉相続遺言相談プラザまでお気軽にお問合せ下さい。

1 / 1612345...10...

遺産相続に関するご相談は、千葉相続遺言相談プラザ(成田・四街道)へ!

お問合せダイアル 成田:0120-054-489、四街道:0120-222-612

アクセス
成田事務所:千葉県成田市郷部1252番地(成田法務局 目の前)
四街道事務所:千葉県四街道市鹿渡934番地25

「生前対策まるわかりBOOK」に千葉の専門家として紹介されました

生前対策まるわかりブック

当プラザを運営しております司法書士法人ふらっとが「生前対策まるわかりBOOK」に千葉の専門家として紹介されました。

手続きについて、調べたい方はこちらから

  1. 相続人調査・相続人確定
  2. 財産調査・遺産目録
  3. 相続方方法の決定
  4. 遺産分割協議書作成
  5. 不動産・預金名義変更
千葉の専門家として紹介されました
  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す