相談事例

成田の方より相続のご相談

2021年03月02日

Q:先月妻が亡くなったのですが、相続行うのが初めてで何から行えばよいか分からないため、司法書士の先生に教えていただきたいです。(成田)

成田に住む50代の会社員です。先月、妻が成田市の病院で50歳という若さで突然亡くなりました。妻が亡くなったことをまだ受け入れきれていないまま先週、成田市の葬儀場で葬儀を終えました。妻が亡くなったことで相続が開始されましたが、相続を行うのは初めてなため、知識も皆無で何から手を付ければよいのかわかりません。妻には、妻の父方から相続した不動産がありました。不動産を相続する際のことも教えていただけたらと思います。(成田)

 

A:相続は専門的な知識を要しますので、ぜひ専門家に相談しましょう。

被相続人が亡くなり、相続が開始されたらまず、遺言書が遺されてされていないかを確認することが重要となります。ご相談者様の場合、お若くに奥様は急死なされたという事ですので遺言書が残されている可能性は低いとは思われます。しかし、遺品の整理を行う際には、遺言書を必ず探して下さい。民法で定められた法定相続よりも基本的には遺言書の内容は優先されます。

万が一、遺言書が見つからなかった場合には戸籍の調査を行います。被相続人の出生から死亡までの全ての戸籍謄本を取得し、相続人を確定させる必要があります。相続人の戸籍謄本も併せて取り寄せ、遺産相続の手続きの際に使用します。

続いて、被相続人の相続財産について調査を行います。ご自宅が持ち家の場合、ご自宅と所有している不動産の登記事項証明書、固定資産税の納税通知書、銀行の通帳などを集め確認します。収集した書類をもとにして、相続財産目録を作成します。相続財産目録を作ることで、相続財産全体の内容が一目でわかるようになります。

上記の準備が整いましたら、相続人全員で遺産を誰にどのように分けるかを話し合う“遺産分割協議”を行います。遺産の分割方法が確定したら、決定内容を“遺産分割協議書”に記載し、相続人全員で署名・押印を行います。遺産分割協議書は相続により取得した不動産の名義変更の際に必要になります。また、被相続人の預貯金を引き出す際にも必要となる場合があります。また、相談者様の奥様は不動産を所有していたという事でしたので、奥様の不動産は配偶者である相談者様が相続することになります。そのため、不動産を相続したら相続登記を行う必要があります。その際に下記の書類が必要となります。

  • 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本
  • 法定相続人の戸籍謄本
  • 法定相続人の住民票
  • 相続する不動産の固定資産税評価証明書

上記の書類を揃え、法務局にて相続登記の申請を行います。

これらの手続きには相続の専門家がおりますので、まずはお気軽に無料相談をご活用ください。

千葉相続遺言相談プラザでは、成田の皆さまからの相続のご相談を多数お受けしております。相続人同士でうまくまとまらない相続手続きや、金融機関への財産調査のお手伝い等もさせて頂いております。専門家へ依頼することで迅速に調査でき、その後の遺産分割協議まで合わせてサポートさせていただくことが可能です。千葉相続遺言相談プラザは成田市と四街道市に事務所があり、成田や四街道近郊にお住まいの皆さまがアクセスしやすい場所にございます。様々な相続手続きのサポートを経験豊富な専門家がお手伝いさせていただいております。どのような相続の質問でも構いませんので、まずは千葉相続遺言相談プラザにて無料相談をご利用ください。成田の皆様のお問い合わせ心よりお待ちしております。

四街道の方より遺言書に関するお問い合わせ

2021年02月08日

Q:病床の主人でも遺言書を作成することは可能か司法書士の先生にお伺いします。(四街道)

初めまして。遺言書について悩んでおりこちらにご相談させていただきました。私は四街道に住む主婦です。現在76才の主人は四街道市内の病院で入院しています。主人の闘病生活は長く、主治医からはもう自宅に戻ることは出来ないだろうと言われています。主人は時々意識がはっきりすることがあり、先日遺言書を作りたいと言ってきました。主人が亡くなると、私と二人の子どもが相続人になるかと思いますが、主人は亭主関白な人でしたので、遺産についても自分の思うようにしたいのではないかと思います。主人が遺言書を作成することは構わないのですが、そもそも病院から外出することはもちろん、体を起こすこともままならない主人が遺言書を作成することは可能なのでしょうか。(四街道)

 

A:ご主人様のご容体によって、自筆証書遺言か公正証書遺言のどちらかを作成することができます。

ご主人様の意識がはっきりされているようでしたら、費用のかからない自筆証書遺言の作成をお勧めします。自筆証書遺言は病床にいらっしゃる方でも、意識がはっきりされていて、ご自身で遺言の内容と遺言書の作成日、署名等を自書し押印できるご状況でしたらお作り頂けます。最近では自筆証書遺言に添付する財産目録についてはご家族の方がパソコン等で表などを作成し、ご主人様の預金通帳のコピーを添付することが可能となりました。

もしご主人様の現在のご容態では遺言書の全文の自書、署名などを行うことが困難であるようであれば、自筆証書遺言より費用はかかってしまいますが、公正証書遺言の作成をお勧めします。公正証書遺言は公証人がご主人様の病床まで出向き、作成のお手伝いをし、遺言書を完成させます。

公正証書遺言メリット

・作成した原本が公証役場に保管されるので遺言書紛失の心配がない。

・自筆証書遺言の際に必要となる家庭裁判所による遺言書の検認手続きが不要。

※法改正により現在は法務局にて自筆証書遺言の保管が可能となり、保管されたものは公正証書遺言と同じく、家庭裁判所による検認が不要です。

公正証書遺言の作成の際の注意点

公正証書遺言の作成には二人以上の証人と、公証人が立ち会わなければならないため、各人との日程調整に難航する可能性があります。ご主人様のご容態次第では遺言書作成自体が叶わなくなる恐れがあるため、早急に専門家に相談して証人の依頼をしましょう。

四街道にお住まいの皆様、相続の際に遺言書があるかないかではその後の相続手続きに大きく影響しますので遺産分割協議を行う前にまずは遺言書の存在の有無を確認しましょう。遺言書のあるなしにかかわらず円満かつ迅速に相続手続きを進めるため、千葉相続遺言相談プラザの専門家にご相談されることをお勧めします。千葉相続遺言相談プラザでは、四街道の皆様の遺産相続のご相談を多く承っており、四街道の皆さまのお役に立てるよう、四街道の皆様の親身になって対応させていただいております。初回のご相談は無料ですので、四街道の皆様、千葉相続遺言相談プラザまでお気軽にお問合せ下さい。

富里の方より相続に関するお問い合わせ

2021年01月05日

Q:司法書士の先生にご相談があります。父が亡くなり相続手続きを行う事になりましたが、母が認知症で手続き出来ません。(富里)

初めまして、私は富里町に住む会社員です。父の相続の件で司法書士の先生にご相談があります。私には冨里に実家があり、そこでは70代の父が暮らしていましたが、先日病気の治療の甲斐なく亡くなりました。相続手続きをしなければならないので父の相続財産を調査したところ、富里町にある実家と預貯金が1500万円程度ありました。相続人は戸籍を調べた結果、母と私だけでしたが、母は数年前から認知症を患っており、父が亡くなったことも理解できず、署名や押印もできない状態です。このままでは相続手続きが進みません。私が代わりに行う事が可能ならやってしまおうと思うのですが、いかがでしょうか。(富里)

 

A:家庭裁判所から成年後見人を選任してもらい、相続手続きを進めましょう。

相続手続きは、たとえご家族の方であっても認知症の方に代わって署名や押印をする等の行為は違法となります。とはいえ、認知症等により判断能力が不十分である場合、法律行為となる遺産分割を行うことはできません。このような場合の相続手続きは成年後見制度を利用します。

成年後見制度を利用し、成年後見人を立てることで認知症、知的障害、精神障害などで意思能力が欠けているとみなされた方の遺産分割を代理することで、遺産分割を進めることが可能となります。

成年後見人は民法で定められた者が家庭裁判所に申立てを行い、家庭裁判所が相応しい人物を選任します。また、未成年者、家庭裁判所で解任された法定代理人、保佐人、補助人、破産者、本人に対して訴訟をした又はしている人、その配偶者、その直系血族、行方の知れない者は成年後見人にはなれませんので注意してください。

成年後見人には、親族のみならず、専門家が選任される場合や複数の成年後見人が選任されることもあります。成年後見人は遺産分割協議後も法定後見制度の利用が継続しますので、今後のお母様の生活にとって必要かどうかきちんと考慮し、法定後見制度を活用するとよいでしょう。

富里の皆様、相続手続きを進めていく中で、ご不明な点やご心配な事がございましたら、相続に特化した専門家に依頼することをお勧めいたします。今回のご相談者様のように、相続人の中に認知症や障がいなどによって意思判断能力の乏しい方が含まれる場合には、専門家へご相談下さい。千葉相続遺言プラザふらっとでは、相続手続き全般に対し、富里の皆様の親身になって対応させていただいております。富里周辺にお住まいの方は初回は無料でご相談を承っておりますのでぜひご利用ください。スタッフ一同、富里の皆様からのご連絡をお待ちしております。

成田の方より相続放棄についてご相談

2020年12月14日

Q:亡くなった夫が借金をしていたのですが、相続放棄をしたいです。(成田)

私は成田に住む60代の主婦です。4か月前に病気で成田の病院で亡くなった夫なのですが、相続人は子供もいませんでしたので私だけでした。特に財産もなかったので期限のある相続手続きは行いませんでした。しかし最近、消費者金融の方から夫が500万の借金をしていたことが判明しました。相続放棄の手続きは相続が発生してから3ヶ月以内にしなければいけないと知りとても困惑しています。今からでも相続放棄をすることは出来ないのでしょうか。(成田)

 

A:相続放棄を知ったのが最近であれば、相続放棄の期限に間に合う可能性があります。

「相続放棄の期限」は、自己のために相続開始を知ったときから3カ月以内であり、被相続人が亡くなった日から数えるわけではないのでご安心ください。

ですので、今回のご相談では、ご相談者様は旦那様の死亡日から4カ月後に初めてご自分の相続が開始したことを知ったので、その日から3カ月以内が相続放棄の期限となります。ご相談者様のお話では、債権者から請求が届いたのは最近とのことですので、ご相談者様が直ちに家庭裁判所にて相続放棄の手続きをすれば、期限内の相続放棄は十分可能です。しかし、相続が発生してから3か月間の間に借金に関する通達があり、その存在を把握していたうえで放置し借金に気づかなかった場合は相続放棄が認められる可能性が下がってしまいますので注意してください。

司法書士法人ふらっとでは、相続放棄に関するご相談に関しましても初回無料でお受けしております。期限を過ぎた相続放棄を申述するにはさらに様々な複雑な手続きが必要になりますので、成田にお住まいの方は是非お問い合わせください。成田での相続全般に関してご相談実績の多い司法書士法人ふらっとでは、遺産相続業務に特化した専門家が在籍し、円満に遺産相続が進むよう親身に対応させていただきます。相続手続きや相続税など、成田の地域事情にも詳しい各分野の専門家が連携してサポート致します。成田の皆さま、ぜひ司法書士法人ふらっとまでお気軽にお問い合わせください。スタッフ一同成田の皆様の親身になってご対応させていただきます。

四街道の方より相続のご相談

2020年11月12日

Q:相続手続きを自分で行いたいのですが、できるのでしょうか。司法書士の先生にご教示頂きたいです。(四街道)

私の両親は四街道に住んでおり、父は現在も元気ですが、母は交通事故により1カ月前に亡くなりました。相続人は父、兄、私の3人であり、兄は東京に住んでいるのですが、頻繁に連絡を取り合っていますので、相続について家族での話し合いも殆ど済んでおります。借金もなく、財産も四街道にある土地とマンションのみのため、相続手続きは家族みんなで協力して、自分たちで進めようと考えております。まずは戸籍の収集から始めようと考えているのですが、そもそも相続手続きは専門家の方に依頼せずに、自分たちで進められるものなのでしょうか。(四街道)

 

A:ご自身で相続手続きを進めることはできますが、専門家に依頼するほうが正確に進めることができます。

ご自身で相続手続きを進めることは可能です。しかし、期限が設けられている相続手続きもあるため、しっかりと確認をして進めていかなければなりません。

なお、相続人に関しましては、お母様の相続人が誰になるのかを調査することが必要となります。ご相談者様は、お父様、お兄様、ご相談者様のお3方のみが相続人とおっしゃっておりましたが、第三者に対して法定相続人(法的に相続が認められる人)が本当にお3方のみなのかを証明する必要があります。もし、他の法定相続人の存在を知らずに遺産分割協議を行ってしまった場合は無効となってしまいます。そのため、被相続人であるお母様の戸籍を収集し、相続人を確定させましょう。相続手続きに必要な戸籍は、相続人の現在の戸籍または被相続人であるお母様が生まれてからお亡くなりになるまでの全ての戸籍が必要になります。戸籍謄本は、財産調査やご実家の名義変更の時にも必須となりますので、戸籍収集は必ず行わなければなりません。また、ほとんどの方は生まれてから亡くなるまでの間、何度か転籍をしています。全ての戸籍謄本を取得するためには、今までに戸籍の置かれていた各自治体へお問い合わせしなければなりません。働いている方など、時間が取れない方は厳しいかもしれませんが、郵送等で取り寄せることも可能です。しかし、戸籍が到着するまで日数がかかったり、請求できる権利を証明するために別の書類が必要になったりと時間を要するため、このような相続人調査は、相続開始時から迅速に行うことが必要です。

相続手続きを進めていく中で、ご不明な点や心配事がありましたら、専門家に依頼することを推奨いたします。司法書士法人ふらっとでは、四街道を中心に相続手続き、遺言書の作成、不動産の名義変更などどのようなお困りごとでも親身に対応させていただいております。また、四街道の皆様の相続についてのお悩みもお手伝いしており、四街道周辺にお住まいの方は無料相談を行っておりますので、ぜひご利用ください。ご連絡お待ちしております。

1 / 1712345...10...

遺産相続に関するご相談は、千葉相続遺言相談プラザ(成田・四街道)へ!

お問合せダイアル 成田:0120-054-489、四街道:0120-222-612

アクセス
成田事務所:千葉県成田市郷部1252番地(成田法務局 目の前)
四街道事務所:千葉県四街道市鹿渡934番地25

「生前対策まるわかりBOOK」に千葉の専門家として紹介されました

生前対策まるわかりブック

当プラザを運営しております司法書士法人ふらっとが「生前対策まるわかりBOOK」に千葉の専門家として紹介されました。

手続きについて、調べたい方はこちらから

  1. 相続人調査・相続人確定
  2. 財産調査・遺産目録
  3. 相続方方法の決定
  4. 遺産分割協議書作成
  5. 不動産・預金名義変更
千葉の専門家として紹介されました
  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す